何が俺をこんなに熱くさせる?

キャラクター考察が主食のオタク

勝利くんは"鏡の中の男"に誓った

2017年、ハルチカの番宣のために勝利くんが出演した「チカラウタ」で、自分のチカラウタに選んだのが、「Man in the Mirror」でした。


‪MAN IN THE MIRROR MICHAEL JACKSON 歌詞情報 - うたまっぷ
http://sp.utamap.com/showkasi.php?surl=38935



父親の死について公表するか、自分で決めていいよと家族に言われた勝利くん。きっと迷ったんだろうな。言ってしまいたい、知られたくない、聞いてもらいたい、心配をかけたくない、どんなふうに思ったかは分かりませんが、きっとこの曲を聞いて、公表することを決めたんだと思うんです。

「弱音を吐くな」と言うお父さんの生き方通り、勝利くんも弱音をしまい込むようになりました。鬱期も、お父さんが亡くなったであろう時期も沈黙を通した彼は、少クラで風磨くんが言っていたように、一人でどうにか解決しようとしていたのでしょう。そんな時に聞いたのが、マイケル・ジャクソンだったんでしょうか。
「両親の影響で洋楽やブラックミュージックが好き」と番組内で答えていましたが、彼自身はビートルズ好きのイメージなので、マイケルを挙げたのは少し意外で。お父さんがマイケル好きなのかもしれませんね。


マンインザミラー。鏡の中の男。
世界を、自身を、より良い方向に変えたいのなら、まずは「鏡の中の男」から変えること。
勝利くんもきっと鏡の中の男に、より良い方向に変わることを誓ったのでしょう。少なくとも、この曲が決断の一端となったと考えています。




勝利くん、22歳のお誕生日おめでとう!!
これからも、勝利くんが幸せでありますように!
お仕事、応援しています!





(以下、番組内で流れた和訳を引用)

I’m gonna make a change for once in my life.   
変えてみよう 一生に一度

It's gonna feel real good,       
きっといい気分になる

Gonna make a difference, Gonna make it right
変えてみるんだ、正しい方向に

A summer's disregard,A broken bottle top
夏は無頓着 壊れた酒の瓶

And a one man's soul
そして、男の魂がひとつ

They follow each other on the wind,
彼らはフラフラと風に乗って互いを追いかける

ya' know 'Cause they got nowhere to go
行くあてもない人々

That's why I want you to know
だから知って欲しいのさ


I'm starting with the man in the mirror
まずは鏡の中の男から

I'm asking him to change his ways
心を改めさせよう

And no message could have been any clearer
わかりやすいメッセージだ

If you wanna make the world a better place
世界をより良くしたいなら

Take a look at yourself and then make a change
我が身を振り返り、自分自身から変えていくこと

Ignition Countdownから感じるしょりそうシンメ感

こんにちは。ブログの情緒が不安定なオタクです。
勝利くんと他のSexyたちのコンビならどれでも大好き芸人の私ですが、本日はしょりそうについて書きたいと思います。

以前、しょりそうはふまけんに追随する激アツカッコイイコンビだと書きました。
年齢が一つ違い故に、外見もカッコよくジャニーさんに気に入られセンターまで任される勝利くんが好きじゃなかった聡ちゃん。歌も上手いし持ち前の人懐っこさで初対面から距離を詰めようとしてきた聡ちゃんに引いてしまった人見知りの勝利くん。
デビュー1〜2年目くらいまでは距離を感じるような仲でしたが、勝利くんの一言により呼び捨てタメ口になり、仲良くなり、「信じる人を決めろ」(俺を信じろ)と言い、2人で遊んだり飲みに行ったりするようになりました。互いのアイドル性を認め合い、ライバルであり友人でもあるような2人だと思います。SUMMARYの対決コーナーがふまけん、しょりそう、聡マリなの本当に激アツ!!
とりあえず私がしょりそうに激アツな関係を感じているのだけはお分かり頂けたでしょうか。
さて、今年のツアーでも披露された「Ignition Countdown」めちゃくちゃカッコイイですよね。聞き込んでいくうちに、ふと思いました。

しょりそうのシンメ感が凄い。(個人の見解です)

上記の理由から、わたくし、しょりそうがたまに出すシンメ感、大好き。
(もちろん、Sexy宇宙一愛と平和シンメ聡マリも大好きです!)
何バカなこと言い出したんだって思われそうですが、歌割がとってもシンメ感があるんですよ。一部抜粋しますのでご覧下さい。
まずは一番Aメロ。



衝撃的熱視線で 今運命がCountin' down
言葉さえ忘れるほどにただ Fallin' now

もう君しか 君以外は見えない Can't deny
絶妙な距離感で 焦らす仕草 Ignite
誰も彼もイチコロ 痺れるほど Get me high

もう拒めない 熱くなる感情に Lose my mind



とってもかっこいいAメロはふまけんと聡マリのシンメ感が味わえる素晴らしい作り。歌い出しが聡マリでその後半を支えるのがふまけんと言うのがまた良いですよね!
続いてBメロ。



迷い込んで In your eyes
目覚めた本能は Sign
遠慮ならしないさ C'mon 3,2,1



ハァ〜〜〜〜!!!安定したシンメたちの後に永遠のセンターが盛り上がるサビ前を歌う〜〜!!一番のABメロの歌割り構成めちゃくちゃSexy Zoneって感じで大好きですね!リペコン参加した方なら分かってくれると思いますが、この「3,2,1」のカウントでカメラ抜かれる勝利くんが最高すぎてずーっと見てたいので円盤をお願いしますポニキャさん。

さて、全員でのサビが終わると二番です。AメロBメロまとめてどうぞ。



絡み合う指先 リンクしてく BPM
ウラハラの躊躇いを 焼き尽くす Passionate

(oh Burning up!)
そういますぐ 君を連れ出して Run away
(連れ出して Run away)

火照る肌が So fly (肌が So fly)
誰にも譲れない(譲れない)
アクセルは全開で C'mon 3,2,1



メインボーカルをちびーずが歌い、コーラスを年長組がカッコよく歌い上げる二番にも、大きくなって頼りになっている弟たち+セクゾを支える兄たちという、一番とはまた違ったSexy Zoneみを感じられて良き良きの良きですね!
ここでしょりそうの歌割に注目です。
そう、一番と歌割の場所が入れ替わっています!
この手法は「Easy Come!〜」などでふまけんがよくやっている印象です。しかもBメロってサビに向かう盛り上げどころじゃないですか。一年前くらいのセクゾだったらここは絶対にふまけんに割り当てられるパートだと思うんですね。それを、しょりそうに、あてられている……!!それなんてシンメトリー……!!!
これを聞く度に、「はぁあ流石ちびーず界のふまけん、しょりそう…!」という支離滅裂な思考が飛び交います。もはやシンメとは何だ。分からん。しかし今日もまた、シンメという答えのない哲学を抱えたまましょりそうシンメ感にうなされるのです。
リペコン、しょりそうシンメだったし早く見たいな。ポニキャさん、宜しくお願いします。(2回目)

明日地球を救う一人、佐藤勝利くんの話

初めてちゃんとSexy Zoneを見たのは2016年の冬、友人に見せてもらった「Welcome to Sexy Zone」の特典Sexy寺修行でした。
最後の最後で勝利くんが自分の消したい煩悩を発表することになり、彼はとても嫌がりながらこう答えました。

「センターだから踊らなくてもいいんじゃないかと思う事」


なんて嫌な子なんだろう、と第一印象が悪かったのを覚えています。
手を抜いてもいいじゃんってこと?確かに顔は綺麗だけど、センターにいるだけで映えるからダンスはやりたくないってこと?
それまでのトークでも特に印象に残ってなかったので、センターなのに地味だな、と感じた矢先の発言。だからさらに嫌な子だと思ったし、アイドルとは思えないゲス発言やイジリでトークをまわして盛り上げる風磨くんの方が、とても好感を持てました。





今は分かります。これは自信のなさの裏返しなんだって。
言ってしまえば、勝利くんはダンスも歌も得意という訳ではなく、演技やバラエティでのトークもまだまだだと思います。
でも大丈夫。勝利くんはいつだって努力をしてきた。
独特の少しハスキーな低い歌声も、
たくさん練習したんだなぁってダンスも、
けんてぃーや戸塚祥太くんに触発されて始めたギターも、
映画「ハルチカ」のクランクイン3ヵ月前から猛特訓してモノにしたホルンの音色も、
初出演ドラマ「ハングリー!」とは比べものにならないくらい成長した「Missデビル」での演技も、
4月7月8月に放送された冠特番で不得意なお笑い系の修行に必死に食らいついた姿も、本当に素晴らしかった。
自分のことを喋らないタイプの彼が個人ラジオを始めた事で、今までならあまり聞けなかったようなエピソードを穏やかな声色で話してくれるのもそう。
努力の結果、少しずつ、やれる事が増えているのが分かるんです。
すごいな。えらいな。頑張ってる。
やっぱりSexy Zoneのセンターは勝利くんなんだ。






結成当時、入所一年程度でセンターを任されデビューしたことを振り返っても、

「早くね?って思った」
「やったー、センターだぜ、なんて感覚は本当になくて」
「出来ないことだらけで、全部ゼロからのスタートだった」


と苦悩を覗かせつつも、

「でも僕がやるべき事だったから、1つずつクリアしていった感じかな」


と答える勝利くん。
当時たった14歳の少年に背負わされた期待や不安や葛藤は推し量れるものではないし、冷たい声だって届いていただろうけど、それでも潰れず、センターを「やるべき事」と定めて努力を惜しまなかった。





同じように、堂本光一さんの「Endless SHOCK」を見て帝劇に立ちたいと憧れた勝利くんの夢は、あっという間に叶った。

「……叶ってしまった、っていう感覚だよ。ただ帝劇の舞台に立つだけじゃなく、光一くんレベルのステージングをしたいから。そのレベルでなければあそこに立ってはいけない、という思いもある」


私も昨年「Endless SHOCK」を観劇し帝劇の舞台に立つ勝利くんが見たいと感じたので、同じ気持ちを共有できたような気がして、少し誇らしい。彼がもう一度立つ時まで応援することが、今の私の目標でもあります。






ストイックで奥ゆかしくて、自信のなさを埋めるようにたくさん努力をしてアイドルを頑張っていて、でもやっぱり恥ずかしがりな勝利くん。彼の魅力って表面では伝わりづらいから、ちゃんと追いかけなければ分かりにくいと思います。
もちろん、顔面人間国宝と称されるほど美しく整ったお顔も魅力ではありますが、彼の本当の魅力は、その内面にあるんです。




佐藤勝利くんは、普通の男の子です。
本当は車のエンジニアになりたかった。アイドルなんて人生、お母さんがジャニーズに応募しなければ、大好きな親子丼に釣られなければ、思いつきもしなかった。
ちょっと人見知りで、自分のことを褒めるのが苦手で、時折マジレスをかましてしまうけど、Sexy Zoneが大好きで、応援してくれるファンの子に愛を返したいと頑張っていて、誰かのために一生懸命寄り添ってくれる。

アイドルの天才タイプのけんてぃーと風磨くん、天然のアイドルタイプの聡ちゃんとマリちゃんの真ん中に立つ勝利くんは普通の男の子だけれど、アイドルとして彼の持つ一番の武器は、その魂にあります。

ファンのために、メンバーのために、決めたからにはどんなに辛くても突き通そうとする強い意志。それを表すような力強い目。



鬱期で知られる3人体制から5人体制に戻る日、そうなるように頑張って来たのだから当たり前の結果だと胸を張った勝利くん。
今年作詞を共作した風磨くんとのデュエット曲で、私が大好きな彼の作詞パートがあります。


最後の結末 見ずに分かる



勝利くんは結末を知っています。
自分が願った道に、必ず進むのだから。










佐藤勝利くん、及びSexy Zoneは、明日、本当に地球を救います。
紆余曲折な6年を経て、デビュー7年目、24時間TVに抜擢されてさらに知名度も上がるでしょう。
彼らの「もっと売れたい!」という夢のためには、万人に知られる必要があります。
Sexy Loversとして、少しでも彼らの活動に貢献したいと思います!




Make a wish,

Make Sexy,

Make happy,

Sexy Thank you!!





勝利くんが得意のホルンを吹くので、是非とも見てください!

ディケイド及び門矢士についての考察〜偽物の仮面ライダー

突然だが、私は仮面ライダーディケイド及び門矢士が大好きである。

尊大な態度、裏腹な心、なんだかんだで仲間想い、光夏海との関係、作中の立ち位置や設定、全てが大好きだ。
本編も映画も小説も賛否両論の今作だが、未だに小説版を読んだときの衝撃は忘れがたい。





まず、本編(=TV版)と設定がまるで違う。
士は記憶喪失の青年ではなく、厭世家のカメラマン。矮小な自身と鬱屈した日常から逃げ出したいと考えていた彼はある日、荒廃した光写真館の中に異世界を写すカメラを見つける。覗くとその世界に渡ることができ、そこでは仮面ライダーディケイドに変身できるのだ。そうやって士は現実逃避にのめり込んでいく。
そして小説版で登場する電王、クウガ、カブトの世界は、リイマジネーションされたパラレルワールドではなく、原作通りの野上良太郎、五代雄介、天道総司が存在している。
本編至上主義の私は驚いたと同時に、本編とかなり毛色が異なるにも関わらず、すんなりとその世界観を受け入れられ、最後の答えを得たとすら思った。
ここで、ひとつの仮説を立てた。




【ディケイド本編の既存ライダー世界はパラレルワールド*1、小説版は原作の世界。ならば、その条件はディケイドにも適用されるのではないか?】




小説は後出しだし、電王は本編も原作っぽかったし(でも佐藤健じゃないし!)、突拍子もない事を言っているのは重々承知だ。だが聞いて欲しい。
本編のパラレルワールドは、オルフェノクの555や妹とおばあちゃんがいるカブトなど、僅かに根本の設定を残しリイマジネーションされている。本編と小説版の士の設定も「写真が上手く撮れない」「孤独を恐れている」「夏海にそばにいて欲しいと思っている」という共通点は存在するが、そもそものあらましは異なる。
本編の士はひねくれ者だが、強く時に優しく、写真撮影以外はほぼ何でもこなし、ライダーとの絆を深め問題を解決していく。夏海は最後までそばに居てくれるし、海東との関係は何だかんだ良好で、ユウスケという優しい友もできる。
これは、小説版の門矢士が望んだ姿であり、理想のリイマジネーションではないだろうか?破壊者でも救世主でもなく、仮面ライダーですらない、現実から目を逸らすただの青年が望む、理想の姿。
ここから、私は門矢士を「偽物の仮面ライダーだと思っている。そしてディケイドは「偽物が本物になるための旅」を描いているのだと思っている。


さらにディケイドには、侍戦隊シンケンジャーとのコラボ回が存在する。元々は仮面ライダーが存在しない世界にディケイドが介入したことで世界が歪み、新たな敵が出現してしまうストーリーだ。コラボ回を上手いこと本筋に入れ込む構成には舌を巻く。
ここでも鳴滝はディケイドは世界の破壊者だと吹聴しており、シンケンジャーの面々は士を拒絶する。しかし、シンケンレッド・志葉丈瑠だけは、士を最初に言葉を交わした時から、訝しんではいるが、受け入れようとしている。

「士、俺はお前を破壊者だとは思ってない。」
「根拠は?」
「無い。しいて言うなら、侍の勘だ。世界は知らないが、俺たちは、お前を追い出す気はない。」


これはシンケンジャーにおいて最大のネタバレであるが、志葉丈瑠は影武者であり、本物のシンケンレッドではない。
偽物の仮面ライダーと、偽物のシンケンレッド。これは完全に想像だが、丈瑠は士に対して偽物同士、通じ合うものを感じていたのではないだろうか。



「ディケイドに物語はありません」と切り捨てられた最終話。そこからファンの様々な意見や解釈が繰り広げられてきた。私はその言葉を好意的に受け止め、ずっとこのように考えてきた。
偽物には物語はない。仮面ライダーではないのだから。しかしそれをこれからも広げ続けるのが門矢士の旅である。
あれから10年。新たな記念作品になるであろう「仮面ライダージオウ」。ディケイドが重要な立ち位置で出ると面白いな、と半ば期待をしつつ、ニチアサ視聴に戻るものである。

*1:ゲスト出演で本人役のキャストが出たりするが、どこかディケイド用に脚色されている。

イノセントデイズのMVが最高だった話

つまりイノセントデイズのMVが最高なんだよ。

イノセントデイズ 初回限定盤A(CD+DVD)

イノセントデイズ 初回限定盤A(CD+DVD)

セクゾ初の映画仕立て、本人役でハーフフェイクストーリーに挑戦!片田舎に住む5人の男の子たちがアーティストになる夢のため、渾身の力作「イノセントデイズ」を背負って上京しようとするが……という話。
勝利くん出演「Missデビル 人事の悪魔・椿眞子」の挿入歌でもあり、勝利くん演じる斎藤博史くんの帰宅ソングとして私の中で親しまれてきました。いい曲だよ。

いやっていうか見ました?
メイキングにそれぞれの設定がちゃんと映されてるんですけど、一部抜粋しますね?

ケント(23)
メンバー内で唯一、資格を持ち、外で仕事をしている。その職を捨て、メンバーとの上京を決心した。
フウマの異変に気付いている。しかしショウリまでとは…
自分は腹を括って今を捨てる決意をした。2人を許せない思いがある。

フウマ(22)
リーダー。情熱家で、メンバーを引っ張ってきた。
しかし、家庭の事情で、帰省を求められている。
妹に帰ってきて欲しいと懇願されてしまった。家族想いのフウマには辛い。

ショウリ(21)
作曲担当。グループの中で文化系、天才肌。
表舞台は向かないと裏方になろうとしている。
「イノセントデイズ」は彼の曲なのに、作曲者欄から自分を外している。

ソウ(20)
ダンス担当。挫けそうな時もフウマに叱咤されここまで来た。
フウマが東京行きを止めようとしてる事を知っている。それが悔しくて許せない。

マリウス(17)
ムードメーカー。一番敏感で5人の和の異変に気づく。
一番年下。そのコンプレックス。
自分のプライドを抑えてしまってて、実は我慢している。

ッッッッックゥ〜〜〜〜〜〜!!!!!!!!!!
企画した人、貴方とアイドル観が合いそう。ショウリの設定が性癖にザクザク刺さりました。今日からショウリ推します。


まず部屋割りがイイ。彼ら5人はシェアハウスしており、ケント&フウマ、ショウリ、ソウ&マリウスと部屋が分かれています。ケント&フウマの部屋は真ん中の棚でキッチリ分かれていて、ソウ&マリウスの部屋はマイスペースはあれど境界はない。シンメ観が表現された絶妙な配分だ!フマケン部屋の交わることはないけど共存はできる感じ、ソウマリ部屋の敷布団のソウとベッドのマリウスという同室寝床格差がすごいのが好きです。ショウリが一人部屋で音楽機材をたくさん持ってるのも、音楽が好きで閉鎖的な性格だってことを表しているんですよね?最高。


最初のサビは海岸沿い、最後のサビはビルの上で歌っていますが、これは上京前と後の違いです。上京前、海岸沿いで悩みや憂いを抱えたまま歌うショウリの顔の儚さが凄いから見てくれ。




きれいだよ・・・・・



海岸Zoneたちはみんなそれぞれの悩みを抱えたまま歌っているので、もれなく全員憂いで化粧をしてて儚くて美しい。ムリ。
それを乗り越えた後の、ラスサビのドアップもまた美しいんですよ。顔面が綺麗なグループの顔を更に良く見られます。








ハァ〜〜〜〜〜〜〜ありがとな〜〜〜〜〜


目線オタクなので、

年長組:見つめ→逸らし
年少組:逸らし→見つめ
ショウリ:真っ直ぐこちらを見つめる

なのがたまらなく好きです。ケントのSexy目線キレイすぎるな〜?こちらはぜひ買って確認してください!!
ついでに今買いますと、6/30までストリーミング配信しているMV特別版をみながらおしゃべりするSexy Zoneが見られます!しかもリペコンのイノセントデイズも見られる!買うしかない!ついでに初回Bも買えば2018年版Sexy Zone CHANNELまで見られる!一家に何枚でもSexy!よろしくお願いします。



イノセントデイズ 初回限定盤B(CD+DVD)

イノセントデイズ 初回限定盤B(CD+DVD)

塗り足されたSexyは強くて優しい〜Repainting Tour 2018 感想

Sexy Zone Repainting Tour 2018、参戦して来ました〜!
昨年の5月、ものすごい軽い気持ちで参加したSTAGE Tourで突然顔面をぶん殴られ発狂し、Sexy達のことをもっと知りたい……!!と時間とお金を消費してド新規という埋められない溝を埋めるように勉強しまくったこの一年。10年以上友人である健人担に「古参ぶるのが上手い」と褒められるくらいには彼らのことを知る努力ができたのかな、と思います。的を射た表現すぎる。ところで褒められたんだよね???
東京生まれ東京育ち、イベントごとで遠征を考えない私が宮城まで飛びアリーナ2列目という神引きをして逆にドン引きしました。でも凄い体験だったので綴りたいと思います。
さてここからは内容に触れた感想を。










まず、まず最初に言わせて欲しい。
「君にHITOMEBORE」をRepaintingしようと思ったセクゾはマジで神。
楽曲も衣装もダンスもMVも何もかも神だけど3人体制なのだけ残念…なHITOMEBOREを、フォーメーションもパート割りも5人に変更してアンコール1曲目に披露しちゃうって。前奏がデデッデデッデデッデッデデ…って流れた瞬間にけんてぃーよろしく好きなんだよマジで!って叫びだしそうになった。何度見ても首をこする勝利くんがセクシーすぎるもっとこすってほしい。


そもそもOPからオシャレすぎるんですよ。大好きなアルバムのIntroductionじゃない…?!とショック受けた3秒後にはオシャレ〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!最高〜〜〜〜〜!!!!と熱い手のひら返しが行われました。今度こそしっかり円盤に残らないとポ○キャ爆破すっからな!
初っ端からのUnrealityは脳みそが溶けるほどかっこよかったし、マリセンターでふまけん&しょりそうバックって立ち位置になった瞬間の血の高ぶりを俺たちは忘れない。続いてIgnition Countdownで更にテンションを上げられ、トドメにRTT。オタク共よ高揚のまま眠れとばかりにぶち上げられる我々はさながらSexyの奴隷でした。
プンププンプンはメインスクリーンの効果が可愛くてオシャレでトンチキ……えっ?すごくない?この3つが同時に存在できることを証明したSexy Zoneは偉大。というか今回のスクリーン演出かっこすぎるんじゃ。英詞をかっこよく映されるだけで好き〜〜〜〜〜〜♡♡ていうクソチョロオタクなのにかっこいいも可愛いもオシャレも叩きつけてくるから、私の語彙力がどんどん追いつかなくなる!
Sexy時代に歌い継がれるであろう名曲カラフルeyesで勝利くんが「抱いてやるよ!」とけんてぃー憑依状態セリフをかまし(持論です)全然そんなこと言えるタイプじゃないのに毎回偉いぞショーーーーリーーーーーと内心全力で褒めながら黄色い歓声をあげていたと思えばBirthday for youと会いたいよで聡ちゃんから日替わりセリフ&ファンサの追撃を受け無事死亡。オタクって軽率に死ぬけど何度でも甦る不死鳥みたいな存在なんですね〜。
ところで、私はかつてライブやコンサートを楽しめるタイプではありませんでした。ストーリー性を感じないと楽しめないことに気づいてからは、2年ほど通い続けた当時の推しのライブにぱったりと行かなくなって。そんな私の度肝を抜いたのが「風 is I ?」、そう、風磨くんのソロコンです。えっ?ライブなのにストーリーがある…過去と今の自分…エッ、エモい…………(トゥンク……)あの時から風磨くんのことマジで好きです(真顔)
2017ふまパラには行けなかったので、やっとMy Lifeが聞けて本当に嬉しかった…!スプレー缶で曲名を書き出す風磨くんはエモの申し子。あざます。ベッド上でアイスクリームのように溶けていた私はあの時確実に菊池風磨の女でした。(ベッド?)
しかし彼らは我々に感傷に浸る暇など与えません。アイスクリーム気分を味わっていたら始まるMermaid。溶けてる場合じゃねえ海に帰らねば!!!!!聡ちゃんが「会いたかったよずっと Mermaid」と歌えば我々は松島聡のマーメイドなのです。スクリーンを使って全身で我々への愛を歌う聡ちゃん。マーメイド人生に一片の悔いなし。その愛を求めて陸に上がるのよ……。
しかし、本当の恐怖はここからなのです。実は私、勝利くんがKiss You Good-Byeを歌うことを知っていました。ホルンがどうしても見たかったのでとても喜んで待っていたんですけど、えっ待ってマーチングバンドを従えてるなんて聞いてない。出てきた瞬間「ヒッ」ってリアルに息が止まりました。ほんとねえ曲がいいし演出がいいし最高の最高の最アーーーーーーー好きーーーーー!!!佐藤勝利とジャズとホルンとマーチングバンドの組み合わせ好きーーーーーーー!!!その親和性が人を殺せることを知った春〜完〜
続くPheromoneではスーツのセクゾがエンタメショウっぽい演出で階段にV字に並んでステップを踏み、ここはさながら帝国劇場。お恥ずかしながら先日初めて「Endless SHOCK」を拝見させて頂き、勝利くんがShow must go onしてるところを見なければ死にきれないぞと熱い気持ちを胸に帰ってきたところでしたので、圧倒的感謝の念が押し寄せました。カメラカット最高。勝利くんに振り向かせてくれてSTY。
この辺まで来るとほぼ意識がなく、Celebration!〜忘れられない花〜O.N.Eに至っては記憶がありません。不甲斐なし。ところで3年連続セトリ入りのセレブレが大好きなメンバーはどなたですか?!私も好きですついでにEasy Come!〜もやって下さい!!!




Sexy Zoneトークはただただ可愛いと面白いで溢れるのでMCタイムにて生き返りました。おおオタクよ、死んでしまうとは情けない。
可愛かった勝利くんを箇条書きにして残します。

  • ふまけんに散々「塩くん」「ソルトくん」「バニラビーンズくん」と弄られる度に「佐藤だわ!」とツッコミ入れてたら、聡ちゃんが「シュガーだわ!」と入ってきて「シュガーでもねえわ!お前邪魔しないでくんない?!」と怒る勝利くん
  • 大阪でのナダル縛りがSexy冠のためだったと判明した途端「ナダルか!」と言うだけで沸く会場に「TVの力ってすごい!あんなにウケてなかったのに」と感心する勝利くん
  • 流れに乗り「ガダルカナルタカか!」を連発する風磨くんと「全然関係ないww」と大ウケするけんてぃー
  • 「勝利がMissデビルの現場で差し入れする時も菜々緒ポーズで写メ撮るんでしょ?」といわれ、やってみるも大仏みたいになっちゃう勝利くん
  • 「一番早い便でジャーマニーに帰れ!」と言われて「俺帰っても友達誰もいないし…」と突然のマジレスクソ野郎な勝利くん
  • マリちゃんが「大丈夫!僕のお兄ちゃんとお姉ちゃんがいるよ!」とフォローするも「俺、マリウスの友達じゃないの…?!」とちょっとさみしそうな勝利くん
  • 「俺は勝利と朝5時までゲームしてるってTVでちゃんと言ったのに、勝利は俺の名前を出さなかった」と怒る風磨くんと「生放送だったからタイミングが悪くて!」と言い訳をする勝利くん(さときくブラザーズ早く寝て)



Mス○オマージュの演出ののちマツモリとかいう絶妙なヤバキャラで聡ちゃんが紹介したと思えば、始まるのはLuv Manifesto!以前けんてぃーが嵐にしやがれで相葉くんと披露していたフィンガーダンスを取り込んできて、全てを経験値にしてくる中島健人をリスペクトします。アイシャドウが濃かったよ。
何が素晴らしかったって、フィンガーダンスも演説台で始まるのも最高なんですが、

愛は純粋 愛は白い
愛は気まぐれ 愛は黒い

という歌詞とパート通りにマリちゃんが白、聡ちゃんが黒い衣装を着ていて、その間に立つけんてぃーは真っ赤な衣装、愛の色なんですよ。もう降参だよ!
そして今回ハチャメチャに楽しみにしていたSing along songも最高でした……ギターをここで使ってくる勝利くん……スタンドマイクを使って、絡まず歌うのさときくって感じだ〜〜!!

最後の結末 見ずに分かる
笑ってさ 泣いてさ 一つになったり
全てを僕ら 繋いでいるのさ
この心の音まで 響くよMelody

ここを聞けただけで私は宮城まで来た価値がある。会場に歌わせてるとき、両手で弦を弾くように弾いてた勝利くん好き〜〜(;_;)
今回のシャッフルユニット、出てない方のユニットはJrと一緒に舞台横の観覧席みたいなところで見ているってMス○演出をしていたんですが、フィンガーダンスを真似して全然出来てないさときくも、めちゃくちゃノリノリでSing along songを盛り上げるSKYさんも可愛かったです。ありがとうございマリウス!
そんな萌えと感動の入り混じる心も知らず、スクリーンには真っ白な衣装に身を包むけんてぃーが映し出されます。目が青く光って……ハッ?!こ、これは、ケントロイド?!その瞬間、ステージ中央よりポップアップで飛び出てくるけんてぃーと始まるMission。かっこよすぎるいっそ殺せ。あの夏の思い出「Mission:K」が思い出され(しかもそっちでは黒衣装だった)胸が熱くなりました。やっぱり最後はTシャツを破り捨てるけんてぃー。かっこいー!
ソロ曲最後はマリちゃんのDeja-vuです。2017サマパラソロで一番好きな曲ですし、女性を表現した赤いスポットとコツコツというハイヒールの音が綺麗で……!洋楽アーティスト マリウス・シュミッヒ様のJAPANデビュー感!!!みんな今日はデビューLIVEに集まってくれてありがとう!!
名脇役ではけんてぃーが目の前でキーボードを弾いてくれてオイオイここは特等席か?とドヤっていたら謎に始まる「待ってたぜ、俺のPEACH」という乙女ゲームアプリみたいな甘い言葉コーナー。NEWS兄さん意識ですね!風磨くんがIKKOさん調で生意気なシャンパンボーイ佐藤勝利くんを攻略してくれました(???)指定されたお題に沿って甘い言葉を言わなくちゃならなくて、オラオラしつつ一生懸命セリフを考えてる感が出てしまっていたシャンパンボーイ推せる。頑張ったね♡そのアプリ出して下さい♡
もちろんその後はPEACH!オラオラしていたと思ったらニッコニコで踊り始める勝利くんきゃわゆいよ〜ショタかな〜?そこからスキすぎて〜ラブマジ〜Ladyダイヤモンドとキラキラソングメドレーが続き、ドーパミンがドバドバ分泌されていく。ぎゅっとではマリちゃんが勝利くんをお姫様抱っこ!(しょりマリ!)動揺して上手く歌えない勝利くん、段々重くて座り込んじゃうマリウス、その上から追撃に乗っかかってくる風磨くん、Sexyキュートパフェの完成だ〜!!!!
ペンライトを消して、というメッセージと共にセンターステージにて始まるのはFantasy。レーザーに囲われたSexy Zoneたちが、回りながら光を放ち、美しく歌い上げる様はまさしく幻想でした。大好きなレーザーを使った演出が大好きなFantasyで見られる、感無量。その後はまさかのSilverMoon。前奏のオルゴールが鳴った瞬間に「SilverMoon……」と思わず呟いてしまいましたが、前のお姉さんも「SilverMoon……」と呟いてました。ここでSilverMoonなの……Sexy Zoneは……神なの……?
そして最後には、一人一人のメッセージと、フィルター越しに見た空の青。あのね、とにかく美しかった。青い紙吹雪が舞い散って、切なくて美しくて、円盤でじっくり見たい。夢を見ていたのではないか?と思えるような時間でした。


アンコールは冒頭で書いたように君にHITOMEBORE〜Sexy Zone。驚いたんですけど、「Sexy Rose」が「明日も頑張ろうね」って日替わりセリフだったんですよ!カルチャーショックで!でもいつものようにダンスではなく、歌いながらステージを走り回る感じだったので日替わりセリフ形式にしたのかな?ヒーローの魂を持つ勝利くんの言葉なので「明日も頑張ろう…!」って心に染み渡りました。(そこまで?)
最後には、アルバムの表紙と同じXYZのオブジェが登場し、みんなでペイント。各地でそれに色をつけ、横アリで完成し今回のコンサートの思い出のものとなる。風磨くんが考えそうなギミックだな〜!彼は青春を作り出すのが本当に上手ですよね。




ファンになってから初めて参加したSexy Zoneのコンサート。いやはや、本当に本当に素晴らしかったです!中山優馬担と風磨くんが気になっている友人についてきて貰ったのですが、すごく良かったと言ってもらえたし友人は風磨くんに完全に恋をして帰ってきました。ありがとう爆モテリア恋アイドル菊池風磨くん。あなたのお陰でファンがまた一人増えました!
そして明日から横アリで最終公演が始まります。ありがたく横アリも参加できるので、楽しく復習してきたいと思います!横アリもなんか凄かったらまたブログ書きそう!





Sexy Zoneって最高だぜ!!!!

そしてSexyは変身をする

※ものすごく趣味に走ったおふざけ記事です。※










「諦めないで欲しいんだ。人は変わる事が出来る。俺みたいな奴でさえ、違った自分になれたんだ。変身だよ! 貴虎。」

仮面ライダー鎧武 第46話「運命の勝者」より。
何者でもなかった葛葉紘汰が、ヘルヘイムの力と共に地球を発つ際に呉島貴虎に残す台詞。




いやあ、いいですね。仮面ライダー


以前こんなエントリを投稿したり、今までちょこちょこ書いてるのでお気づきかと思いますが、私、特撮ヒーローが大大大好きです。特に、クウガ以降のいわゆる平成ライダーがもうめちゃくちゃ好き。
「子供番組でしょ〜?」と侮るなかれ。勧善懲悪だけではない、正義とは悪とは何か、一筋縄ではいかないドラマ性とヒーロー哲学がとても面白い。

さて、私の中で佐藤勝利くんに対してこのヒーロー哲学が適用されているのは何となくご承知かと思います。勝利くんはヒーローの魂を持っているのです。アホみたいなこと言ってると自分でも理解しているのですが、先日友人が同意してくれた上にセクゾそれぞれに似合う変身ベルトを教えてって言われて、特撮オタク嬉しい!!葛葉紘汰も言っていましたね!そう変身だよ!!!!!





行くぜ!!!
ローズ戦隊セクシーファイブ!!!








まずはマリウス。マリちゃんのロイヤリティな美しい雰囲気にはベルトという熱血っぽいものは似合わないかなぁ。もっと麗しい感じに変身できたらいいな〜。そんな変身アイテム……あるんですよ。

仮面ライダーゴースト 変身ブレス DXメガウルオウダー&ネクロムゴーストアイコン

はいでたドン、仮面ライダーゴーストに登場するアランがネクロムに変身するためのアイテム・メガウルオウダー。


アラン様がたこ焼きを食べながらかっこよく変身するという変身ポーズどころじゃない屈指の激ヤバシーンで申し訳ないですが、ネクロムの変身プロセスの美しさと繊細さはピカイチだと思います。テンガン?メガウルオウ?そうだよ目薬だよ。
ベルトは〜とかいいつつベルト型なら絶対にこれ。

仮面ライダーウィザード 変身ベルト DXウィザードライバー

仮面ライダーウィザードのウィザードライバー。見てくれ、ウィ様は本当に美しいんだ。

ねーー!指輪ですよ!美しいよ〜!!シュミッヒ様のスラッとした美しい指先から魔方陣を通って変身してほしい。
\さあ、ショータイムだ!/








聡ちゃんはカラフルファッショニスタって感じの個性的なお洋服が多いので、個性的なデザインのベルトが似合うんじゃないかなあ?

仮面ライダーエグゼイド 変身ベルト DXゲーマドライバー
仮面ライダー鎧武 (ガイム) 変身ベルト DX戦極ドライバー 仮面ライダー鎧武&バロンセット 【日本おもちゃ大賞2014 2013年度ヒット・セールス賞】
上が仮面ライダーエグゼイドのゲーマドライバー。
下が仮面ライダー鎧武の戦極ドライバー。
これらはファッションとして付けて欲しいですね〜!ライダーとしてなら断然ベルトさんを推します。

仮面ライダードライブ 変身ベルト DXドライブドライバー & シフトブレス

仮面ライダードライブ・泊進ノ介の変身ベルトですが、なんと彼は自分の意思があり、喋ります。クリム・スタインベルトという科学者の人格が内蔵されており、過去のトラウマから立ち止まってしまった進ノ介の成長を促し見届けてくれる存在なのです。

ベルトさんが、まだまだ発展途上の可能性を広げてくれそうな気がします。
聡ちゃんの未来 Start your engine!!








風磨くん、とても迷いました。ベルト付けてなさそうで。(みんな付けてない)
変身プロセス的には仮面ライダー響鬼に登場する斬鬼轟鬼の変身鬼弦かなぁ〜。

仮面ライダートドロキ 変身鬼弦 音錠

シンプルでかっこいいところと、響鬼に登場するライダー(通称 鬼)は他作品と違い、修行を積むと自身の体を変化させて変身できるようになり、変身時に服は燃えるので解除すると全裸という設定があるため風磨くん向き(語弊)
ベルトはイクサと迷ったけどここはスクラッシュドライバーで!

仮面ライダービルド 変身ベルト DXスクラッシュドライバー

現在絶賛放送中の仮面ライダービルドよりグリス。シンプルかつ色気を帯びた変身ポーズ、あっもうやってたかな?て勘違いするくらい似合う。
あと少し逸れますが、AOKIパーティフォーマルスタイルの風磨くんがかっこよすぎた上にジャグラスジャグラーっぽかったのでダークリング持ってくれないかな?!

ジャグラーウルトラマンオーブに出てくる敵役ですが、ハチャメチャ最高のキャラだし彼の人生とその葛藤に涙する。そゆとこ風磨くんと共通してるね!!!!







けんてぃーにはクールに熱く変身してほしいんですが、けんしょりで変身するなら仮面ライダー龍騎のVバックルかな?!

ライダー変身ベルトシリーズ 仮面ライダー龍騎

龍騎は鏡の中の世界=ミラーワールドで戦うので、鏡にバックルを投影して変身するんですね。その点にそこはかとない耽美を感じますので、けんてぃーにも勝利くんにもやって欲しいな!
あとけんてぃーにはメテオドライバーとバグルドライバーも似合うと思う。

仮面ライダーフォーゼ 変身ベルト DXメテオドライバー

仮面ライダーエグゼイド 変身ベルト DXバグルドライバー

仮面ライダーフォーゼに登場する2号ライダー・メテオ。変身ポーズの洗練された感じがとてもかっこよくて好きなんですよね〜。あと惑星モチーフがかっこいいし青いし流星だし!!
仮面ライダーエグゼイドに登場するゲンムのバグルドライバーは、手の美しさが強調されるような変身プロセスがイイ!けんてぃーの腕のカッコ良さにヒエ〜って言いながらしぬ。







ここで番外編。これを出さないわけにはいかないぜ。
2人で1人の仮面ライダー、ダブル!!

仮面ライダー SUPERBEST 変身ベルト DXダブルドライバー

2人で変身する…ロマンがありますよね〜!シンメが2組いるセクゾだからどっちがいいか真剣に悩みました。聡マリの良さにWの設定が適さないかなと思うのですが、ふまけん…いや…ふまけんは2人が別々だからこそ素晴らしいシンメなんだよな。というわけでWに変身してほしいのはしょりそうです。しょりそうは心のシンメなので大丈夫です。






さて最後は勝利くんですが、正直絞れない。困っている。稲垣吾郎さんみたいにオリジナルライダー作ってほしい。*1
あえてーーーあえてあげるならーーーキバットベルトとオーズドライバー!

仮面ライダーキバ 変身ベルト&フエッスル DXキバットベルト

見たい〜〜!!!キバットに手を噛まれて顔にステンドグラス柄の紋が浮き上がり腰に鎖状のベルトが現れる勝利くんが見たい〜〜!!!



仮面ライダー SUPERBEST 変身ベルト DXオーズドライバー

見たい〜〜!!!誰かのために戦い続けて人々の欲望の器になってしまう勝利くんが見たい〜〜!!!
仮面ライダーオーズ・火野映司は過去のトラウマから欲望が乾いてしまった青年。勝利くんには欲望があると思いますが、他人の欲望を吸収できる器もあると思います。何言ってるか分からない?感じてくれ。それかオーズ見てくれ。損はさせない。





お疲れ様でした。ここまでお付き合い頂きありがとうございます。自分だけが楽しい記事だったのですが、これでSexy Zoneでも仮面ライダーでもどちらかに興味を持ってくれれば嬉しいです。ないわ!!そんなん!!

は〜勝利くんってばなんてヒーロー!

*1:仮面ライダーGというスマステ特番内の企画。東映全面協力の元作られたガチ作品。