読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

何が俺をこんなに熱くさせる?

キャラクター考察が主食のオタク

アイドルへの関心が深まっていくまでの話

まず断っておくが、私はアイドルジャンルの人間ではない。2次元〜2.5次元が主な活動範囲であり、それらを捨ててジャニオタとして生きる事は出来ない、ジャニーズは永遠ににわかとして楽しもうと心に決めている。
ただ、あまりに衝撃的な出会いが続いて頭がおかしくなりそうなので、ここに経緯を綴り心の整理をしようと思った次第である。


事の始まりはかなり遡る。
私の青春であり血肉であるテニプリを共に通った友人Kが、うたプリにハマった。ご存知、2次元男性アイドルものの火付け役である。
当時私は戦国BASARAから入りたての歴オタ街道を走っており、彼女ヘタリアとかだったのに毛色違うのにハマったな〜くらいにしか思ってなかった。
友人Kとはキャラ解釈の合致がきっかけで仲良くなった事もあり、よく討論をする。おかげで私の好みは把握されており、マーケティングにも余念が無いタイプのオタクだ。以前片霧秋兵が絶対好きだからと貸してくれた遙か6やって、その通りドストライクすぎて怖くなった事がある。そんな彼女に「諏訪部さんだからレンは気になるよ」と話をしたら、「レン絶対すきだから!!!」とゲームを押し付け貸してくれた。とりあえず全員攻略してみる。神宮寺レンでめちゃくちゃ泣いた。
嘘でしょ……ただの女好きかと思ってたのに、アイドルだった亡き母親への想い、御曹司ゆえの家族との軋轢や三男というコンプレックス、それらを抱えてアイドルとしての自分を確立させようと頑張っていて……レディたちへの時間は平等にと言ってたレンが春ちゃんのためだけに不器用にセッティングした2人だけのクリスマスパーティ……最高かよ……
興味が出たら理解は早い。友人Kの考察を聞いたり私の意見を出してみたりドルソンを聞いてみたり。ここで覚えたのが「アイドル哲学」だ。アイドルとしての自分=本人は必ずしも成立せず、アイドルという偶像を彼らがどうやって自己プロデュースして見せているか、という考え。私にはなかった見方だったので興味深く、すぐにその面白さに魅せられた。
そして出来上がったのが、うたプリの人ではないけどめちゃくちゃこだわりを持ってるオタクの私だった。なぜこんな面倒臭いオタクが生まれてしまったのか。友人Kには「なんで…うたプリ来てよ…」と言われた。ほんとごめん。


アイドル哲学を手に入れた私はアイドルものの楽しみ方を覚え、それなりに嗜んでいた。ふと気づくと、友人Kはうたプリどころかジャニーズの追っかけに目覚めていた。
テニミュに青春を捧げた者として、3次元に対する熱意は分かる。しかし私の中で2次元と3次元は同じ萌えではない。彼らはキャラクターではなく私と同じ人間なので、考察を当てはめるという考えが全くなかった。だからまた遠いジャンルに行ったんだな、と思っていた。
ある日、友人Kは「コンサート見て!ドリライみたいだから!絶対中島裕翔くん好きだから!」とHey! Say! JUMPのコンサートDVDを持って遊びに来た。Hey! Say! JUMPって山田涼介がいるメンバーが多いグループでしょ?くらいの知識しかない私だったが、ドリライと言われるとじゃあ見てみようかなと思うのがテニミュを通った人間の素直さである。
あのねぇ、めちゃくちゃ楽しかった。
ジャンルが違うだけでドリライと何ら変わらなかった。コスプレしたりアホしたりスーパーかっこよかったり日替わりセリフがあったり。そして彼女の言うとおり、中島裕翔くんにコロリと落ちた。
見た目が好みなのは言わずもがなだが、驚いたのはここに至るまでの2次元みたいな境遇である。詳細は省くが、彼は絶頂から叩き落とされ挫折した上、その理由となった山田涼介くんがセンターを務めるグループに所属しているのである。
しかも裕翔くんは投げキッスやウィンクなどの所謂アイドル的な仕草を恥ずかしいと思っているが、彼は「アイドルとしての自分」の時は抵抗なく出来るのだという。それを初めて読んだ時はあまりの事に脳内処理が追いつかず混乱した。何それ???2次元か???それ2次元だったら私は同人誌かいてるよ。
そこで気付く。そうか、2次元も3次元も関係なくアイドル哲学は存在し、ドルオタとして生きる友人たちは皆それに夢中になって追っかけているのだと。3次元のアイドル哲学に目覚めた私はまず思った。中島裕翔くんがアイドルしているところをナマで見たい。



2016年、Hey! Say! JUMPのコンサートツアーが私の誕生日8/14に横浜でやることを知った。チケットの入手方法を調べるが、FCに入らなければ絶望的であるらしい。せっかくなら誕生日に行きたい。しかしFCに入る気は無い……諦めるしかないか。
ここで手を差し伸べてくれたのは既にジャニオタとして活動していた友人Aである。彼女は2次元+声優オタだったのにいつの間にかNEWSをきっかけにジャニオタになっていた。
「そんなに興味持ってくれたなら見せてあげたい。応募するから名義を貸して。」
即OKした。見に行けるなら何でもいい。1回だけでいいから見ておかないと絶対に後悔する。そして見事、私の名義が誕生日コンサートに当選したのである。
しかも初参加の私のために友人Kが「裕翔くん 誕生日なのでハート下さい♥」といううちわを作りプレゼントしてくれた。ジャニオタの手先の器用さがすごい。初めてのうちわ、初めてのジャニーズ、決戦である。
2016.8.14、横浜アリーナのスタンド席で、スタトロに乗った裕翔くんにハートとウィンクのファンサを貰った。
正直これでぶっ飛びすぎてコンサート内容をおぼろげにしか思い出せない。こちらに思いきり手を伸ばしてくれた裕翔くんの片手ハートとウィンク。筋肉がマヒして手が硬直し、声が出なくなった。メデューサかな?
テンパる私に爆笑しながら良かったね!と喜んでくれる友人A。本当にありがとう、あなたが声をかけてくれたお陰で私は裕翔くんのアイドル姿を見られたし、ファンサを貰えたのだ……うちわをくれた友人Kもありがとう……臨死体験が出来たよ……。
ここまで来るとは思いもよらなかった。またコンサートに行きたいと思い始める。1回でいいとか言ってなかった?アイドルとは怖いものである。
ただ、この時点で最初に書いた「ジャニーズに入れこまない」の誓いを心に決めていた。FCには入らない(名義はもう貸してるけど)、雑誌を買い漁ったり番組を録画して追っかけない。ただ裕翔くんをそっと応援するにわかでいると。その代わりちょっと高騰していたが過去のコンサートDVDは買った。お金は落とした、後悔はない……。



ジャニーズの面白さを知った私、ジャニオタたちにダイマを受けまくる。その中で特に面白かったのがSexy Zoneだ。
見せてもらったのはCD特典のバラエティ映像だったのだが、トークがめちゃくちゃ面白い。ラブホリ王子の名で知っていた中島健人くんは意外と冗談言わないんだなとか、マリウス葉くんの絶妙に「??」な受け答え可愛いなとか、菊池風磨くんはアイドルの割にトークがゲスいなとか。アイドルというよりいい意味で頭のおかしいタレント集団って感じだった。
そんな中、中学からの友人Hが健人くんにハマり、Sexy ZoneのFCに入ったと教えてくれた。私が散々「中島裕翔くんがヤバくて……」と言っていたから、教えてくれたのだろう。そして当たり前のように誘われた。次のコンサートに一緒に行かないか。
ジャニーズコンサートの面白さを知ってしまった。Sexy Zoneは好きだ。行かないわけないだろう。そしてつい先日、5/4、初めてのSexy Zoneのコンサートに挑んだわけである。


今回は新規2人だけでの参戦だったため、うちわは作らなかった。友人Hは公式の健人くんうちわを買い、健人くんの担当カラーである青っぽい服に身を包み臨んでいた。引き換え私、とんだラフな格好と気持ちでの参戦である。
確かにSexy Zoneは好きだが、裕翔くん並かと言われればNOである。とりあえず風磨くんは好きなので、紫ペンラを振って楽しむか〜くらいの呑気さでいた。さて開演だ!ワクワク!


私は気づくと佐藤勝利のために赤いペンラを必死に振っていた。


自分でも何が起こったか理解できなかったが、途中から「赤を振らなきゃ……!!」という謎の使命感に駆られていた。コンサートDVDどころかPVも見たことがなかったのでパフォーマンスを見るのは初めてだった。セクシーな仕草でファンを沸かせる健人くんや風磨くん、カワイイ系かと思えば合間に見せる男性みで翻弄してくるマリウスと聡ちゃん。それら4人の真ん中に立つ勝利くんは、とにかく真っ直ぐだった。顔面力がピカイチなのだから肩出ししてセクシーさを武器にしてもいいのに、全くしないガードの固さ。興奮した。とにかく自分の仕事を全力でこなそうという真面目さが垣間見えた。MCは以前映像で見たようなクソトークを展開され、圧倒的にツッコミが足りていないメンツに1人でツッコミを入れていく。楽曲の途中、甘い(?)セリフを1人ずつ言っていくが、みんな取り留めのないことを言うので「設定が分からない!!」とマジレスする勝利くん。嘘だろ?推すしかない……。
私が中島裕翔くんを好きな理由の一つとして真面目である事が挙げられる。彼はアイドルという仕事を好き嫌い得意苦手関係なく、全てに真面目に黙々と向き合っている印象だ。あと裕翔くんも結構マジレスクソ野郎なところがある。
それとコンサートを見ながらふと、以前TVで勝利くんは最近父親を亡くしたと報道していたのを思い出していた。私より年下の子が親を亡くし、それでもアイドルとしての険しいだろう道を歩み続けている…。何かもうとにかく幸せになって欲しい…。



思っていた以上の気持ちでコンサートを終えた。まさか裕翔くん並に推せるアイドルがまた出現しようとは。ちなみに友人Hにコンサート中に推し変したのが速攻バレていた。恥ずかしい。
FC入会を進められたが鉄の意思でやめた。にわかライト勢であることは絶対にやめない。でも友人Hに「多分夏にまたソロコンあると思うけど、勝利くんの行く?」と聞かれ咄嗟に「ちょ、考えさせてほしい…あの…日程出てから…」と答えていた。意思グラついてますね。だからこういうのを書きました。

ここまでアイドルの見方を変えられ、ジャニーズの良さに目覚めるとは、人生何があるか分からないものである。
今はここに吐き出せたことで落ち着きを取り戻しつつあり、最初の誓いを破らずに済みそうである。よかった。裕翔くん、勝利くん、そっと応援しています。



でも多分今回のコンサートDVD買うわ。

私の選ぶ跡部様キャラソン2016番外編

さて、前回の記事では跡部様名義で出されているキャラソンを紹介しましたが、他にもゲストとして他キャラと歌っている楽曲もあります。
そちらも少し紹介したいと思います。


1.ぼくたちのしっぱい

青学一年トリオのシングル。

ぼくたちのしっぱい

ぼくたちのしっぱい

乾先輩や深司くんなど多数ゲストの中に跡部様が居ます。この曲は堀尾の嘘情報に踊らされるカツオカチローの歌なのですが、「かばじかばじぃ〜」ってごねる跡部様の破壊力が凄まじい。
これはとにかく聞いて頂きたいのですが、むちゃくちゃかわいい上、キャラが壊れてないんですよ。あくまで跡部様が樺地に甘えているならこういう感じ、というさじ加減が絶妙で、諏訪部さんの跡部様に対する理解がすごい。
だんだん諏訪部さんがどれだけすごいかみたいな話にもなってきました。笑


2.7TH DIRECTION

リョーマくんの3rdアルバム「RYOMA」より。

RYOMA

RYOMA

まず歌詞を読んで頂きたい。とにかく心に刺さる刺さる。UZAさん良い仕事をして下さいます。
あくまでリョーマくんの前に立ちはだかる敵としての跡部景吾ですが、「しょうもない期待を背負ったって身動き取れねえぞ」の返しに「そういうあんたも随分と重そうなもの背負ってるんじゃない?」とリョーマくんに言わせる。泣きます。
スタンドプレイばかりだった天才リョーマくんが仲間を得てチームプレイを知り、その中心へと育っていく成長物語が青学の素晴らしい要素ですが、そんなリョーマくんと戦うのが跡部景吾なのがアツすぎ。


3.カタルシス

忍足の1stアルバム「結晶」より。

テニスの王子様 忍足侑士CD 結晶 (通常盤)

テニスの王子様 忍足侑士CD 結晶 (通常盤)

これはゲスト出演してない忍足ソロですが、作詞した木内さんによるとこの曲、跡部様について歌っているんです。
忍足が跡部様のことを歌う曲が、ギリシャ語で元は演劇用語、意味は「心の中の葛藤が何かのきっかけで解消されること」であるカタルシスって、神だと思いませんか?!
「あいつの背中にふれた夢を見た」「いつかは届くよ、越えるよ」ということは、忍足は跡部様を上に見ていてかつ追いかけていることが分かります。
わたしは忍足って天才気質ゆえに上昇志向を育てられなかったタイプと考えてまして、そんな彼が転校したのが上昇志向の塊・跡部景吾のいる氷帝で良かったな……と思います。感情を自分のうちに閉じ込めておく方ですし、それを見抜き、言葉でその胸の炎を揺らせるのは跡部様ですよね。
あ〜〜〜宍戸さんと日吉にも跡部様について歌ってほしいな〜〜〜!!!!!




跡部景吾には本当に語り尽くせないほどの魅力を感じていますので、これからも少しずつ伝えることが出来たら嬉しいです!😊💕

私の選ぶ跡部景吾キャラソン2016

🎉跡部様、お誕生日おめでとうございます!🎊
今年もこの日が来てしまいました。跡部様の誕生日を祝うようになってから12年になります。怖いですね。
跡部様がTwitterトレンド1位をぶっちぎり、NHKに取り上げられご出演、そしてMC諏訪部さんによる跡部景吾キャラソンランキングラジオもありました。森永さんとのコラボや、Twitterで献花台といじられた貢ぎパーティも記憶に新しいです。跡部様の活躍の規模は年々大きくなり、いち雌猫で王国民の私も実に嬉しく思います。
今年の誕生日はお祝いと称し、私が勝手に選んだ跡部様のキャラソンを個人的にイイ!と思える部分と共にご紹介します。


1.Stage

1stアルバム「破滅への輪舞曲」より。

破滅への輪舞曲

破滅への輪舞曲

跡部様が考える「エンターテインメントとしてのテニス」を凝縮した1曲だと思います。
空気を支配する技やゲームを演出するなど、真剣勝負だけではなく試合を魅せる、という点において跡部景吾を表現した一曲。不敵な笑みを浮かべテニスをする跡部様はスーパーかっこいいので跡部王国の導入にはぴったりですね。


2.孤高の翼

この曲に抱いている印象はICOのような美しく物悲しい風景です。

ICO

ICO

灰色の空、髪をかきたてる風、絡まる影、コートに孤高と立ち尽くす跡部景吾。まるでVSリョーマ戦を彷彿とさせるような……
破滅への輪舞曲の中でも特に切ない楽曲ではないでしょうか。


3.トラソルの鳥籠

シングル「insight」のカップリング曲。

insight

insight

「肉叢」の意味を調べるトラソルあるある。
身も蓋もない表現ですが、テニス同人最盛期の忍跡の跡部様って感じ。
耽美な世界観は性癖なので好きですが、作詞が諏訪部さんという……笑 ご本人の活動も耽美系が多いのでお好きなんでしょうか。声質に合っている素晴らしいチョイスだと思います。


4.妥協のない芸術

キャラカードを2枚めくり、出たキャラの会話を聞いた後自動で行なわれる試合にのせて流れるキャラソンを聞くだけのフルプライスクソゲー「Kiss of Prince-Ice-」より。ゲーム性はほぼないクソゲーですがキャラソンは良質なものが多いのがまた厄介です。しかも音源化なし。

文句無しにかっこいい曲。磨き抜いた銃弾も俺だけには届かない跡部景吾はサイコーにかっこよすぎます。
「全て見える俺だけには 運命さえひれ伏すとき」の歌い方のエロさがダントツ1位です。


5.Wild Soul

奇跡とキスをする跡部様が最高にセクシーで私無事死亡

The Ultimate Hard Worker

The Ultimate Hard Worker

2ndアルバム「THE ULTIMATE HARD WORKER」より。この題名は「跡部景吾は天才ではなく秀才であり、究極の努力家であるから」と諏訪部さんがつけたエピソードは有名でしょうか。破滅への輪舞曲が跡部景吾のイメージソング集であるならば、こちらは跡部景吾がいちアーティストとして出したCDというコンセプトと当時語られていたのが大変印象的です。
つまり諏訪部さんの考える跡部景吾は最高。


6.Believe in you

カップリング曲「ENEPΓEIA」とも迷いましたがやはりこちらで。

Believe in you

Believe in you

サビの「Don't let me down,Let's change the world,Believe in you.」という歌詞。意訳するならば「がっかりさせるな、世界を変えよう、お前を信じている」でしょうか。ここにたいへん跡部景吾みを感じて毎回グッ…とさせられます。
跡部様は氷帝学園の象徴であり導く者ですが、生き方を押し付けません。彼は部員たちに自らの生き様を示し「俺はこうやって生きている。お前たちはどうする?」と問いかけるような存在だと思っています。
これを書くにあたり「Believe」と「Believe in」の違いを調べたのですが、前者は「あなたの言っている事」を、後者は「あなたの能力」を信じているという違いがあるそうです……跡部様かっこいい~~~


7.My Glory Day〜新たなる日々〜

遭難した無人島で恋をする伝説の恋愛ゲー「ドキドキサバイバル~海辺のSecret~」のED曲。

ちなみにこの音源はカードハンターの初回盤についてくる8cmCDでした。縦置きPCを必死に横にして入れたな~。この楽曲で驚いたのは、跡部様にも絶望の朝があるのだなということでした。昔を懐かしみ、やりきれない孤独の中で何を無くして何を掴んだのか……。跡部様だって人間なんです、弱いところもありますよ。でも、それをそっと表現された驚きは今も新鮮です。それを受け入れ、自らを構成する一つの要素としてちゃんと持っているところが彼のかっこいいところの一つですよね。
跡部様がリョーマくんに負け断髪、当時それでテニスを卒業した跡部厨が何人もいました。私もすごくつらかった、それでも追い続けて、初めて短髪跡部様が披露されたコミックス35巻。震える手でめくったその先に居た短髪の跡部様を見て、めちゃくちゃ泣きました。悔しいとか悲しいとかではなく、すごくかっこいいと思ったんです。
短髪は彼にとって負けの証。意識が朦朧としながらも、氷帝のため、部長として勝利に最後まで固執し立ち上がり、そして負けてしまった隠すことのできない証。プライドの高い跡部様がそれを他人に見せることができるということが、何とかっこいいことか。全てを出し尽くして負けたのならば、何も恥じることはないのですね。


8.CROSS WITH YOU

最後はやはりこれ。

テニスの王子様 - THE BEST OF RIVAL PLAYERS IX Keigo Atobe

テニスの王子様 - THE BEST OF RIVAL PLAYERS IX Keigo Atobe

何を隠そうブログタイトルはこの曲の歌いだしからとりました。vs入江戦でも使われていましたね。もはや語らず聞くべし、と言いたいところですが……
跡部景吾を熱くさせるものって何でしょう。
テニプリのトッププレイヤーのほとんどは「無我の境地」を使いますが、跡部様は一度も使いません。無我で他人の技を駆使するリョーマくんを「そんなテニスだから手塚の域には達せない」と一蹴します。
誰かのコピーではなく、自分らしいオリジナルを磨いていくのは簡単ではないでしょう。しかし決して妥協せず、自らの道を突き進んでいく……現状に満足せず常に努力し上を目指す跡部様。
跡部景吾を熱くさせるもの、それは、魂の削りあいのような、熱い試合なのだと思います。






長々とお付き合いありがとうございました。跡部厨めんどくさくて本当に申し訳ない…
今回は8曲でしたが、他にも紹介したい!と思っている曲があるのでまた書きます。
とにかく本日言いたいことはひとつ。
跡部様、お誕生日おめでとうございます!!!かっこいい!!!!!!

操真晴人の精神の成長によるアンダーワールドの変化についての考察

※2014年に書いた考察を一部修正したものです。
 仮面ライダーウィザード/操真晴人が近年稀に見ぬほど好きなキャラクターでした。戦国MOVIE大合戦の完結編に大変感動したので、この際彼について考えていたことをまとめてみました。


物語冒頭の操真晴人

 中の人S氏はある雑誌でこう答えている。
「人間を形成するのに家庭環境はとても大事なもの。晴人は幼くして両親を亡くし、注がれるはずの愛情を知らずに育っている。」
 晴人は幼少時、両親と共に交通事故に遭い、自分だけ生き残ってしまう。その際、母親が遺した「晴人は私たちの希望よ。」という言葉が今の彼の支えだ。そして、両親が目の前で息を引きとった事が彼の絶望であり、希望をもらった瞬間だと劇中で語っている。
 その両親が亡くなった病室こそが操真晴人のアンダーワールドなのだが、ひとつ特徴がある。それは、劇中に出てくるアンダーワールドの中で唯一、“悲しい思い出”であることだ。本編で晴人が飛び込むアンダーワールドは全てそのゲートの幸せな色あせない記憶、瞬間である。実際、亡くなった父親との思い出だった凜子、魔法を信じていた幼い瞬平、大好きな姉・美紗との思い出だった真由など、全員がそうであった。しかし晴人はそうではない。これはもちろんだが、両親の死は晴人の幼心に植え付けられた強烈なトラウマであると考えられる。
 実際、初めてフェニックスと対峙し歯が立たなかった時、制止する凜子に対し晴人は「無理でもやらなくちゃ誰も救えないじゃんか!そんなの俺は嫌だ!」「誰かに俺の前で死なれるのが怖くてたまらないんだよ……。」と涙ながらにこぼした。S氏も「晴人は見ず知らずの人を必死に救うけれど、何か理由があるのかスタッフに聞いてみたら、ないと言われた。つまり、晴人は元々そういう人間なのかも。」と言っていたが……。
 “無理にでも自分の命を削って戦う”。言葉にすれば立派だが、人間としてはとても歪だと思う。何より、この時点で晴人にはそこまでして見ず知らずの他人のため戦う理由が見当たらないのだ。


操真晴人という人間

 孤児となってから魔法使いになるまで彼がどのように生活してきたか詳しくは語られなかったが、断片的に分かることを拾っていく。
 まずは小学校時代の恩師・熊谷先生。彼は晴人のことを「相変わらず、物分かりのいいフリをした頑固者だ。」と表現した。瞬平によれば「晴人さんは自分の事をあんまり話してくれない」そうだし、公式サイトでも「パッと見軽く見えるが、お調子者を装い本心をあまり見せないようにしている。」と紹介されている。
 ここから、晴人は独りぼっちになってから自分の悲しみや本心を隠すことで自己防衛をするようになったと考えられる。S氏も「大人になった今でも防衛本能が働いて、ある程度相手に合わせたり取り繕ったりする。勝手に身についたものだから仕方ないけれど、晴人にとってはそれが普通でも他人から見ればとても遠い人に見える。」と語った。
 しかし、そんな晴人に向かって「俺は何でも一人で抱え込んじまうお前の、希望になりたいんだよ。」と笑う熊谷先生。近すぎず遠すぎない距離で見守ってくれていた先生の回は、ウィザードの中でも屈指の神回に数えられるだろう。恩師に見せる晴人の笑顔は、どことなく幼い。

 そして、同じサッカークラブに所属し、共にプロを夢見ていた篠崎和也。
 プロ選手を目指していた事からおそらく晴人は幼少時からサッカーをしていて、かつ、彼の唯一とも言える娯楽だったと推測できる。しかも、他人と無意識に距離を取ってしまう晴人にとって親友にも近い和也は、かなり心許せる存在だったはずだ。そのままの関係を保てていたならば、晴人はもう少し孤独ではなかったかもしれない。
 しかし、それは起きた。偶然とは言えど、晴人が和也に選手として致命的なケガを負わせてしまった。初めて気を許した相手の希望を自ら奪ったことが、彼の心にどれだけ重く響いたのか。晴人は、逃げた。
 再会した和也はこう語る。「ケガの事は恨んでない。けど、勝手に姿を消した事が許せない。」
 夢を諦めずリハビリを続けた和也と、事の重大さに耐えきれず逃げた晴人。仲の良かった2人の決定的な違いは、心の強さだったのだと思う。仁藤とその親友・土屋を見た晴人は、「お前、いいなぁ。」と思わず呟いたそうだ。(本編では確認できないが、放送回の公式ブログにて仁藤役N氏の発言より確認。)


 突然だがここで、メインライターK氏のブログより、2012年10月1日の記事の言葉を引用する。

ウィザードに変身する晴人には「強い」というイメージがついているみたいなんですが、
彼は「強いフリをしている」というのが本当のところな気がします。
「男は『男という仮面』を被って男になる」という話を何かで聞いたことがあるんですが、
晴人も弱い自分を魔法使い(仮面ライダー)という仮面で隠し、
人を守るために強くあろうと空意地を張ってるんじゃないかと思うのです。

 まさしくこれは操真晴人の的を得ていると思った。上記の通り、魔法使いになるまでの彼は強いとは到底言えない上、自らがコヨミを励ました言葉である「今を受け入れて前を進む」ことが出来なかったのが分かる。この言葉は、戒めの言葉としてそっくりそのまま自分にも言い聞かせているのではないかと私は考えている。
 そもそも、彼はよく「みんなの希望を守る」と口にするが、みんなの希望とはなんだろうか?形のない漠然とした目標のように聞こえる。これも私の推測に過ぎないが、晴人は人々を“守る”のではなく、“人々を守る”という行為が彼にとって必要不可欠だったのではないだろうか?ファントム・レギオンによって魔法を失った時は動揺し、仲間に当たり散らした。「俺には魔法以外に出来ることが何にもない」と弱音をこぼした。
 何もなかった彼がサバトに巻き込まれた事により手に入れた魔法。その力で人々を守り、亡くなった両親に胸を張れるような“希望の魔法使い”であり続ける事が、操真晴人の生きる意味だったのではないか。


操真晴人とコヨミ

「魔法なんか使えなくたって、晴人は誰かの希望になれる。」
 そう言ったのは、コヨミだった。
 晴人とコヨミは恋人でも家族でもなかったが、サバトを生き残った二人の間にはそれ以上に特別な絆があった。同じ境遇というのは晴人の中でとても大きいようで、成れの果ては別ながらも同じいきさつでファントムになったソラ/グレムリンにも、一時的ではあるが同情しているほどだ。「コヨミへの態度に嘘がないのが晴人の一番人間らしいところ」とS氏も語っていたが、実際に彼女にだけは取り繕った冗談も言わないし、つねに優しかった。
 しかし、物語が賢者の石=コヨミに焦点が当たるにつれ、段々と明かされていく彼女の正体とサバトの目的。ゲート・西園寺のアンダーワールドで白い魔法使い/笛木がコヨミの父親だと知り、晴人は一人苦悩する。誰よりも彼の一番近くにいて、理解者であり守るべき存在だったコヨミ。敵か味方かも知れない笛木に苦悩しつつも彼女を預けたのは、“親”という存在の大きさを誰よりも知っていたからなのだと思う。
「俺なんかの命でコヨミが生き返るのなら、それはそれでありかもな。」これも、自分の命を大切にできない彼らしい一言である。
 しかしサバトには晴人たち魔法使いだけでなく、もっと多くの命が必要だった。仁藤の機転によりサバトは失敗に終わるが、笛木はあきらめない。娘を生き返らせることが私の希望だ、そのために何を犠牲にしても構わないと。そんな笛木に晴人は「俺はお前を止める。コヨミも絶対に救う!」と言い放ったが、結局その言葉の何一つ、彼は実行しえなかった。笛木はグレムリンに殺され、コヨミもまた、救えなかった。無力な晴人は泣くが、コヨミは笑う。「晴人が、最後の希望…。」という最期の言葉は、賢者の石を晴人に託すことで、誰かを救うことでしか生きられなかった彼に次の道を示してくれたのではないだろうか。
 コヨミを失った晴人の落ち込み方は尋常ではなかったが、彼は今度こそ前を向いた。両親や和也の時とは違う。コヨミの死を受け入れて、彼女の心を救うことで前に進もうと立ち上がった。ここに、彼の精神的な成長を窺える。最終話でグレムリンと対峙するまで表情を映さない演出は、彼の心理を効果的に映していた。最初で最後のパンチは暴走するグレムリンから賢者の石を取り戻し、石は指輪に変わる。それはホープリング。その名の通りその指輪は、晴人の最後の希望だった。


 すべてを終わらせた晴人は一人、旅に出る。仲間もそれぞれの道を行く。このラストについて、S氏はこう語る。
「結局、晴人は変われなかった。仲間を信じてはいるけれど、最後は自分だけしかいないという考え方に変わりはなくて、一人で旅立っていった。」
 彼の、コヨミの心を救う旅が始まるのである。





操真晴人の顛末

 大事なものは失ってから気付くというが、果たして晴人もそうだったのだろうか?
 守るべきものを失い、コヨミ自身ともいえるホープリングを誰も知らない場所に眠らせる。とても美しく終わったように見えるが、考えてみれば、本当は弱い晴人にそんなことが出来るはずもなかった。
 ファントム・オーガは黒いコヨミの姿を「お前が生み出した存在だ」と表現した。「違う、俺はコヨミを眠らせようとして…。」と愕然とする晴人に「けれどお前は手離さなかっただろう?」と言い放った。
そう、晴人は結局手放せなかった。劇中、指輪を置こうとやってきた海岸で遊ぶ人々を見て「ここじゃ静かに眠れないな。」とおどけていたが、行く先々でそうやって自分に言い訳をして指輪を持ち続けていたのだろう。“依存”と人は形容するかもしれないが、おそらくそれに近い感情を持っていた。空っぽの晴人に降りかかったサバト、手にした魔法と少女。この気持ちは恋でも愛でもないが、彼女だけは、特別だ。黒いコヨミが、私を殺して絶望するか、あるいは殺せず人々が死んでいく様を見て絶望するかどちらの覚悟をしてきたかと問えば、「どっちだと思う?」と、敵ながらにとても優しい声色で話しかけた。
 白い魔法使い/黒いコヨミとの戦いで、彼は自分の心情を吐露した。サバトで生き残ったのが自分だけではなかったことが、どれだけ救いになったのか。コヨミは自分に救われたと言ったが、自分もどれだけコヨミに救われたのか。自らの気持ちと弱音をこんなにも感情を露わにして叫ぶ彼は、おそらく初めてだ。正気に戻ったコヨミも続ける。どんな姿になっても、私は晴人を信じ続けている、と。


操真晴人の希望

晴人はコヨミに本当に伝えたかったことを言えた。コヨミも、それに応えた。そして彼の手元にホープリングが戻る。物語も円満に終わる……と思いきや、隙を突きオーガがレギオンの力を使って晴人のアンダーワールドに飛び込んでしまう。
しかし、劇中後輪島へ弟子入りしていた瞬平が、晴人のためにと作った指輪が奇跡をもたらすのだ。そうして、操真晴人が、彼自身のアンダーワールドへと飛び込んだ。レギオンを倒すため仁藤が飛び込んで以来の、操真晴人のアンダーワールドである。


そこはもう、両親が死んだ病室という悲しい思い出ではなかった。彼の心は、「コヨミ」という希望であふれていた。
 初めて会ったあのサバトの日。“デート”と称して彼女を連れ出し、笑顔をプレゼントした日。家族を亡くし友人も無くし、からっぽだった晴人にとって全てがかけがえのない、忘れられない、幸せに救われた瞬間。
「俺の希望があふれる世界で、俺が負けるわけないんだよ!」
彼の一撃は、最後のファントム・オーガを消し去った。


 そして現実世界へ帰る前に、晴人は思い出の中の面影堂へと立ち寄る。そこにはコヨミが、凜子が、瞬平が、仁藤が、なんてことない日常をかたどっていた。仲間がいる何でもない幸せこそが、今の彼のアンダーワールド。そうして彼は、コヨミに話しかける。

「これ、コヨミが、持っていて。」

 おそらくコヨミが一番安心するだろうこの場所で、彼はやっと、指輪を手離すことが出来たのだった。








最後に

 弱さを隠して仮面をかぶり、強がって他人を拒絶する。乾巧、門矢士に並んで操真晴人は私の大好きな主人公になった。設定自体も素晴らしいが、それをさらに成長させたS氏の役者魂に、拍手を送る。
 彼にはぜひ、「いつかまたみんなで集まって、僕が主演・監督の大人向けのウィザードを作りたいんです。」という夢を叶えてほしい。その時をずっと、待っている。