何が俺をこんなに熱くさせる?

キャラクター考察が主食のオタク

私の選ぶ跡部様キャラソン2016番外編

さて、前回の記事では跡部様名義で出されているキャラソンを紹介しましたが、他にもゲストとして他キャラと歌っている楽曲もあります。
そちらも少し紹介したいと思います。


1.ぼくたちのしっぱい

青学一年トリオのシングル。

ぼくたちのしっぱい

ぼくたちのしっぱい

乾先輩や深司くんなど多数ゲストの中に跡部様が居ます。この曲は堀尾の嘘情報に踊らされるカツオカチローの歌なのですが、「かばじかばじぃ〜」ってごねる跡部様の破壊力が凄まじい。
これはとにかく聞いて頂きたいのですが、むちゃくちゃかわいい上、キャラが壊れてないんですよ。あくまで跡部様が樺地に甘えているならこういう感じ、というさじ加減が絶妙で、諏訪部さんの跡部様に対する理解がすごい。
だんだん諏訪部さんがどれだけすごいかみたいな話にもなってきました。笑


2.7TH DIRECTION

リョーマくんの3rdアルバム「RYOMA」より。

RYOMA

RYOMA

まず歌詞を読んで頂きたい。とにかく心に刺さる刺さる。UZAさん良い仕事をして下さいます。
あくまでリョーマくんの前に立ちはだかる敵としての跡部景吾ですが、「しょうもない期待を背負ったって身動き取れねえぞ」の返しに「そういうあんたも随分と重そうなもの背負ってるんじゃない?」とリョーマくんに言わせる。泣きます。
スタンドプレイばかりだった天才リョーマくんが仲間を得てチームプレイを知り、その中心へと育っていく成長物語が青学の素晴らしい要素ですが、そんなリョーマくんと戦うのが跡部景吾なのがアツすぎ。


3.カタルシス

忍足の1stアルバム「結晶」より。

テニスの王子様 忍足侑士CD 結晶 (通常盤)

テニスの王子様 忍足侑士CD 結晶 (通常盤)

これはゲスト出演してない忍足ソロですが、作詞した木内さんによるとこの曲、跡部様について歌っているんです。
忍足が跡部様のことを歌う曲が、ギリシャ語で元は演劇用語、意味は「心の中の葛藤が何かのきっかけで解消されること」であるカタルシスって、神だと思いませんか?!
「あいつの背中にふれた夢を見た」「いつかは届くよ、越えるよ」ということは、忍足は跡部様を上に見ていてかつ追いかけていることが分かります。
わたしは忍足って天才気質ゆえに上昇志向を育てられなかったタイプと考えてまして、そんな彼が転校したのが上昇志向の塊・跡部景吾のいる氷帝で良かったな……と思います。感情を自分のうちに閉じ込めておく方ですし、それを見抜き、言葉でその胸の炎を揺らせるのは跡部様ですよね。
あ〜〜〜宍戸さんと日吉にも跡部様について歌ってほしいな〜〜〜!!!!!




跡部景吾には本当に語り尽くせないほどの魅力を感じていますので、これからも少しずつ伝えることが出来たら嬉しいです!??